ブログ

2020.01.25

古くからある建築業界の洒落?

仕事柄、外仕事が多いので、いつも天気を気にしています。

屋根が出来て、外の通気シートが張れるまでは気が抜けません。

 

工事もそうですが、一生に一度の大事な記念になるイベントの時も

天気が気になりますね。

大事な記念になるイベントというと

『地鎮祭』『上棟式』がありますね。

天気に恵まれて『地鎮祭』『上棟式』はしたいですよね。

 

特に上棟式で、お餅を投げる場合は、雨が降らないでほしいですね。

雨が降ると、お餅を拾いに来る方も少なくなりますし、

拾いに来ていただいた方も、ドロドロになって拾いにくいですよね。

 

でも、昔から、上棟式に雨が降るのも縁起がいいと言われてきました。

『振り込み』といって、お金が入ってくるというそうです。

なんか、こじつけみたいですが・・・^^;

 

建築業界は、このようなこじつけが多いですね。

こじつけというのか、洒落とでもいうのか、どちらかは分かりませんが・・・

 

たとえば、上棟式の引き出物に、昔は『やかん』をいただきました。

やかんの画像

『やかん』は、『家を焼かん』から『やかん』です。

 

昔は、今よりも家事というものは、想像できないほどの恐怖でした。

ですから、火事が起きないように『やかん』なんですね。

 

また、床の間の床柱に『かりん』という木が使われることがあります。

これは、『お金を借りん』から『かりん』なんです。

 

今では、こんなこと全然言わないですね。

言ったら笑われちゃいますね^^