Um House(ウムハウス)の家づくり・性能・仕様

Um Houseが望む、家族が笑顔を幸せを"生む"場所であるためには・・・
いつまでも安全で、家族が健康に過ごす住環境が欠かせません。

実は、Um Houseの社長である戸田哲行は、大の怖がりや。
小さな地震の揺れもとても「怖い!」と感じます・・・

だからこそ!
お客様が暮らしていく家も、もしもの地震の際にも揺れが少ない家であって欲しい・・・
災害への備えは、災害が起こる前からしておくもの。
Um Houseは、「家はシェルターでなければ」と考え、
徹底して耐震・制振・免震性能を高める工夫をしています。

採用する素材においてもそれは同じ。
Um Houseでは、見た目だけではない、身体に・環境に優しい素材を採用しております。

1. 耐震・制振・免震
2. 高気密・高断熱・省エネ性能
3. こだわりの素材

1. 耐震・制振・免震

耐震等級3+標準仕様でGVA(ジーバ)を採用

Um Houseでは、筋交いと外部の耐震パネルだけで耐震等級3を取得。
さらに加えて、GVA(ジーバ)を標準仕様で採用しています。

ダブル耐震+制震工法

GVA(ジーバ)とは、阪神大震災の災害を目の当たりにした設計士の安全への想いから生まれた制振システム。
建物の土台と梁、柱の間に「ダイヤモンドフレーム」というフレームを組み込むことで、地震による揺れを効率良く吸収。小さな揺れはもちろん、大きな揺れまで確実に吸収する点が特徴。

実証実験では、震度7級の地震が連続6回襲ったとしても、揺れに耐えることが実証されています。
実際に・・・東京都庁や横浜ランドマークタワーなどにもこの技術が採用されています。

揺れにより家が変形してしまうのを最大70%軽減するGVA(ジーバ)は、全国で約4万棟の施工事例を持つなど確かな実績がある工法です。

SP免震基礎工法

「免震」とは、例えば、震度7の地震が起きたとき。建物の揺れを震度3に軽減する性能。Um Houseでは、地震の揺れを特殊な「杭」によって逃す、「SP免震基礎工法」も手がけています。

建物本体ではなく、固い地盤に杭を打ち込み、地盤の力による締め付けを利用して、地震の揺れを軽減する工法です。
地盤が弱く液状化するような土地の場合も、家の傾きを防ぐことができます。

東日本大震災では、SP免震基礎工法で建てられた建物の被害は0だったという報告もあり、Um Houseでも、この工法に取り組むことを決めました。

2. 高気密・高断熱・省エネ性能

ウレタン吹き付け断熱材を使用

ウレタン吹き付け断熱材は、熱伝導率が低いことから断熱性能を持ちます。また、断熱材をできる限り隙間なく吹き付けることができるため、高い気密性能も実現します。
断熱性能と気密性能は省エネ性能に繋がります。計画的に換気と冷暖房を使用することで住宅を省エネ化。高性能で省エネな「快適な生活」を実現します。

HEAT20の性能

「HEAT20」とは、2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会という組織が、「快適な住みやすい家」を追求して設けられた設計基準です。
2020年には「改正省エネ基準」が義務化され、建築設備において一次エネルギーの消費を基準値より下げることが必要となりました。

Um House では、断熱等性能等級は最高等級の4を、義務化された省エネ基準に加え、HEAT20基準の家づくりを行なっております。

改正省エネ基準の上をいくG1(東北レベルの断熱性能)、G2(北海道レベルの断熱性能)グレードを達成し、夏の暑さ、冬の寒さに強い家を実現します。

エアコンの効いた快適なリビングから、脱衣所や浴室などに移動した際に部屋間温度差により脳疾患や心疾患で起きる死亡事故「ヒートショック」対策にも。
断熱性能が高い快適な家づくりで、いつまでも健康に笑顔の溢れる生活を送ってください。

3. こだわりの素材

塗り壁

工程の一つ一つが職人による手作業で塗られていく塗り壁。色や素材など、種類も豊富にあり、デザイン性の自由度は高く、世界に一つ、唯一無二の仕上がりになります。
特徴にあげられるのが、人体への健康面。
自然素材を使用している塗り壁は、アレルギーが心配な方でも安心、身体に優しい点があります。
また、年月を重ねていくことにより味を出していく塗り壁は、住まう家族と共に時間を歩んでいきます。

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板はスタイリッシュなデザインの住宅にはもってこい。熱を反射し、錆にくく、防水性も優れている金属です。
耐久性も高く、メンテナンスもしやすい点が特徴。軽量で家の負担を軽減させるため、耐震性も高くなります。
波の間隔や厚さ、カラーバリエーションも豊富なため、幅広い選択肢からご希望に沿ったデザインを実現できます。

エコクロス

Um Houseでは、室内の壁紙(クロス)にエコクロスを採用しております。
エコクロスの特徴は人体に悪影響を及ぼさない素材を採用している点。ビニールクロスが課題としている、接着剤や塗料などに含まれる成分により生じる「シックハウス症候群」。そうしたアレルギー対策においても力を発揮します。
また、匂いが室内にこもらない消臭効果や、室内の湿気をコントロールする調湿効果があり、健康に良く、身体に、地球に優しい壁紙(クロス)です。