Um Houseの施工事例

ナチュラルカントリー
T様邸

家族がひとつに感じられる広々LDKの家

  • 家族がひとつに感じられる広々LDKの家

  • 家族がひとつに感じられる広々LDKの家

  • 家族がひとつに感じられる広々LDKの家

  • 家族がひとつに感じられる広々LDKの家

  • 家族がひとつに感じられる広々LDKの家
  • 家族がひとつに感じられる広々LDKの家
  • 家族がひとつに感じられる広々LDKの家
  • 家族がひとつに感じられる広々LDKの家

お子様が小学校入学までにマイホームを建てたいと思っていたT様一家は、ご夫婦とお子様2人の4人家族。

 

以前のお住まいでは育ち盛りのお子さまが遊ぶ場所と食事をする場所が同じで、どうしても家の中が散らかってしまうことにお悩みでした。

 

そこで、Um House-マル祐戸田建築-では、リビングに隣接した場所に3畳のチャイルドルームを配置した間取りをご提案。

 

「遊ぶ」「食事する」「くつろぐ」場所をそれぞれバランスよく設けることで、自然とすっきり片付いた住空間を実現。

 

ダイニングとキッチン、和室、チャイルドコーナーが緩やかにつながるLDKは24.5畳と広々。扉がないので、LDKのどこにいても家族の存在を感じられる空間に。

 

 

 

 

また、ベビーカーやお子様の外遊び用おもちゃなどが散らかりがちな玄関も、ロールカーテン付きの土間収納を作ることで収納場所を確保。

来客時もロールカーテンを下げて隠せばきれいな玄関でお客様をお出迎えできるようになっています。

 

 

 

 

玄関のシューズボックスなど造作家具も例えば色を壁と同じにすることで圧迫感を感じさせないデザインに。木目調のキーハンガーや飾り付け棚は、空間をおしゃれに演出するアクセントとなりました。

 

 

 

 

作業スペースが広く、家族4人分の食事の準備もしやすいL字型キッチンは、奥様のお気に入りスペース。リビングでくつろぐ家族をいつも見渡せます。

 

DIYに目覚めたご主人は、キッチン横のお庭に芝生を張り、夏場のBBQや水遊びができるスペースを作ろうと計画中。

休日もLDKとお庭で家族がのびのびと過ごす様子が目に浮かぶようです。

 

 

2階には子ども部屋とご夫婦の寝室があるT様邸。

ご夫婦の寝室には、たっぷり収納できて服が見やすいハンガータイプのウォークインクローゼットを3畳確保。

たっぷり収納で、ご夫婦の荷物はこの場所に全部収納できているそうです。

 

 

 

 

また、子ども部屋は、照明をカラフルにすることで空間を明るく演出。

日当たりも良く、過ごしやすい子ども部屋となりました。

 

マイホームを建ててからは、家族の笑顔が増えたと話すT様。

Um House-マル祐戸田建築-では、土地購入のご相談にものらせていただきました。

 

ご実家から近い土地で建てられたT様邸。素敵な笑顔を拝見でき、私たちも幸せをおすそ分けしていただきました。
ありがとうございます!