ブログ

2020.06.28

安くて良い住宅を提供する、その努力とは?

さて今回は前回のブログ(コミコミ価格をやろうと思ったきっかけ)でお約束した通り
安くて、良い住宅』を提供するために努力していることを、お話したいと思います。

良い家のイラスト

 

弊社が提供している住宅は、

世間では「ローコスト住宅」と呼ばれております。

 

弊社が提供する「ローコスト住宅」は、単に価格が安いということではありません!

もちろん、安い粗悪な材料・雑な仕事で建てた家でもありません!

 

弊社の住宅は、お客様から頂いたお金を適正に使う事なのです。

お金のイラスト

お客様から頂いたお金をなるべく、建物の原価に充てることなのです。

その上で会社の経費(人件費や広告費、光熱費、車両関係費用諸々)をかけないように会社を運営することなのです。

 

ですから、お客様が支払う金額が同じであっても、そのお金がどこに使われているのかが問題なのです。

 

 

 

①弊社は、住宅展示場に出店しておりません。

家のイラスト1家のイラスト2家のイラスト3家のイラスト4家のイラスト5

出店するだけで、毎月百万円以上のお金が必要になります。

また、お客様がいつ来られてもいいように、営業マンや事務員さんを待機させなければなりません。

当然、人件費がかかりますよね。

 

弊社は、住宅展示場に出店していないかわりに、ご建築中やお引渡し前の現場見学会を開催しております。

 

実際にお客様からご注文を受けて建築したものですので、参考になると思います。

坪80~100万円で、床面積80坪なんて豪華すぎて、現実味のない展示場よりは、参考になるはずですよ。

 

 

 

 

②標準仕様を決めています。

 

家は、基本的に「注文住宅」です。

 

そうすると、高くなってしまうのですが、

標準仕様を決めることで、かなりのコストダウンが図れます。

キッチンのイラストトイレのイラストお風呂のイラスト

 

標準仕様は、仕様が均一化されていて、自分の要望や好みが反映されないものと勘違いされるかもしれませんが、そうではありません。

 

もちろん、お客様の要望は実現できます。

地震満々の男性のイラスト

標準仕様を決めておくと、仕様の説明も分かりやすく、

逆に、お客様自身のこだわりたい箇所が明確になってくるのです。

どうしても、こだわりたいという箇所がわかるので、そこだけを、自分だけの仕様に変更すれば良いのです。

 

 

 

 

③仕様メーカー・部材を限定しています。

ビルのイラスト

例えば、サッシや室内建具、水廻り、内装などのメーカーを一社に限定すると、コストダウンにつながります。

仕様部材は、年間ある程度の量を購入することで、安くできます。

また、なるべく問屋を通さずに、直接購入してきちんと支払っていくこともコストダウンにつながります。

 

まだまだ努力していることは沢山ありますが

ご興味がございましたら弊社戸田までお聞きください^^